現場作業員の身だしなみについて

こんにちは。タイコーの南です。

 

9月ですが、まだまだ厳しい残暑が続いています。暑い時は冷たいものを飲食しがちですが、白湯を飲んでみてはどうでしょうか。白湯はただのお湯ですが、カフェインやアルコール、糖分、塩分もなく、温かいので身体にはとても良いです。味がないので最初は飲みにくく感じますが、慣れると美味しく感じられます。冬場はもちろん、常飲されてみてはいかがでしょうか。

 

人は79の割合で、見た目だけで判断されると一般的に言われています。弊社では特に服装には気を付けています。営業部では、男性はスーツにネクタイ、女性はスーツまたはそれに準ずる服装としております。また、女性の事務員は統一されたベストを着用しております。

 

一方で工事部に所属する現場で作業する人は、会社で決められた作業着が正装となります。

 

(左・中・右:紺色のポロシャツの上に上下ブルーの作業着)

夏場はブルーの上着を着ず、紺色のポロシャツで作業します。

(袖口と腰回り付近)

袖口や腰回り付近のボタンをしっかりと閉めて、中の服が出ないようにしています。身だしなみという意味でもありますが、作業着が機械等に巻き込まれて大変危険です。

(下の作業着の工具入れ)

(安全靴:つま先には硬いものが入っていて足先を守ります)

(帽子と冬場での上着)

作業中、作業現場等に髪の毛が入らないように帽子をかぶります。さらに冬場ではもう一枚上着を着用します。

 

弊社では「服務三訓」を掲げております。

  • 清潔感が無ければ、どんなに頑張ってもいい仕事は出来ない。
  • 清潔感が無ければ、どんなに頑張ってもお客様に満足して頂けない。
  • 清潔感が無ければ、どんなに頑張ってもプロとは言えない。

 

マンションの専有部などでお客様宅にお邪魔する機会がしばしばありますので、作業着や靴下、髪型など、人に見られている緊張感を常に持って作業を行っています。

 

2019年9月5日

現場の安全パトロールの実施

こんにちは。タイコーの南です。

 

8月は日本にしてみれば特別な月だと思います。86日の広島の原爆の日、9日の長崎の原爆の日、15日の終戦の日。戦後74年が経っても、未だ戦争の悲しみは消えることがありません。戦争を過去の出来事とは捉えず、核を廃絶することや戦争を起こさないようにすることが、現代を生きる我々に課せられた使命だと思います。

 

現場の安全パトロールは、施工の現場で定期的に実施されています。今回は東京都狛江市にあるマンションの排水管更生工事の現場を取り上げます。

 

20192月に安全パトロールを行いました。その中でいくつかの是正必要箇所が発見されました。

是正必要箇所発見後、早急に現場の改善をします。改善することによって、居住者様の安全を守ることができます。

(資材置き場の養生)

現場担当者は「これで大丈夫。」と思っていても、第三者から見るとそのやり方が間違っていたり誤解をしていたりする事が多々あります。

(塗料場の換気)

安全パトロールは施工現場においてとても重要な業務です。安全パトロール実施の際には大勢の人が施工現場を歩き回っているので、居住者様に違和感や不愉快な気持ちを与えてしまう部分もあると思いますが、居住者様の安全・安心のために行っているものなので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

20198

東京支店 CSC工法の展示スペース

こんにちは。タイコーの南です。

 

甲子園を目指して、全国各地で高校野球の予選真最中です。今年わが母校は予選3戦目で敗退しましたが、毎年必ず応援に行くことが夏の楽しみです。母校の校歌を歌ったり選手を応援したりすることで、高校時代の懐かしい想い出を肌で感じられます。

 

弊社東京支店のエントランスに、弊社が独自開発した排水管更生工事の工法、サイクロンスーパーコート工法(CSC工法)の展示スペースを設置しました。

(東京支店エントランスのCSC工法の展示スペース)

排水管更生工事で使用する治具や塗料、排水管内部の施工前・施工後、パンフレットなどを常時設置しております。さらに工法の説明映像を流すことで、管理会社様や協力会社様にわかりやすいようにしています。

(排水管を塗布する塗料)

「百聞は一見に如かず」という言葉がある通り、見て触れて感じることで、実際の施工のイメージが湧くと思います。

(排水管の細かい汚れを落とす小石)

(排水管の汚れを落とす治具)

(排水管に塗料を塗布する治具)

工事で実際に使用する治具や塗料などを展示することによって、多くの方にCSC工法を知っていただくことができます。排水管のCSC工法は弊社が自信を持ってお勧めする、弊社の主力商品のひとつです。

(塗料を塗布した排水管のサンプル)

(塗料を塗布した排水管のサンプル 塗布後・塗布前)

マンションの排水管を全て新しいものにすると、かなりの金額と時間が掛かります。経済的なことや時間的なことを考えると、排水管を更新するより更生(ライニング)することが最適な選択肢のひとつだと思います。排水管に塗布するCSCの塗料には抗菌作用があり、汚れも付きにくくなっています。弊社東京支店にお立ち寄りの際は、是非ともご覧いただけると幸いです。

 

20197

工事治具サンプル

こんにちは。タイコーの南です。

 

参議院選挙が始まり、各党熱戦が繰り広げられています。今回の選挙での有権者の関心の高さは消費税10%の問題、年金、雇用などの生活に関わることです。国民が安心して暮らしていけるよう、政治家の皆様には国民の気持ちを真剣に考えていただきたいと思います。

 

弊社では、工事で実際に使用する治具や塗料、排水管などのサンプルを準備しております。これらのサンプルは工事説明会の際に使用する心強い脇役です。今回は排水管更生工事の工法、サイクロンスーパーコート工法(CSC工法)で使用する治具のサンプルをご紹介します。

(CSC工法のサンプル管の見本)

マンションの給水管や排水管などは、通常管自体を見ることは困難です。さらに管の中を見ることはもっと不可能ですので、管中の施工のビフォーアフターのサンプルをご用意しております。

 

排水管更生工事では様々な治具や研磨剤、塗料を使用します。これらのサンプルを一度に見られるよう、持ち運べるサンプルケースを作成しました。このサンプルケースでは一通りの治具が揃っていますので、施工の順序を追って説明することが可能です。

(CSC工法のサンプルケース)

また、工事中において「本工事の日は仕事なので在宅できません」という居住者様をお見かけします。その場合、補助錠のことを説明する際に使用するのがサンプルの玄関ドアです。工事説明資料にも常に記載しておりますが、補助錠を実際に取り付け、実際に見ていただくことで居住者様に理解を得られています。

(サンプル補助錠玄関ドア)

給水管や排水管の改修工事は、なかなか工事のイメージが湧きづらく、物理的に理解しづらい部分が多々あると思います。少しでも居住者様の不安を取り除くためにサンプルを多く使用し、「見える化」で居住者様に少しでも納得していただくよう全力でご対応させていただきます。

 

20197

第3回 総会・安全大会

こんにちは。タイコーの南です。

 

7月に入りました。梅雨明けしていないので比較的過ごしやすい日々が続いていますが、鹿児島県と宮崎県では大変な豪雨です。避難勧告が発令されましたら地域の方々と連携を取り、素早い対応や避難を心掛け、気を付けていただきたいと思います。

去る201972日、第3回総会・安全大会を開催しました。協力会社のたくさんの皆様にお集まりいただきました。

(安全・施工協力会 新会長のご挨拶)

(弊社社長の挨拶)

2部の安全大会では、施工中の安全についてスペシャリストの方に講和していただきました。建設業で一番多い死傷災害は墜落・転倒です。高所の作業では腰ベルトだけではなく、全身にベルトをするタイプのフルハーネス型の墜落制止用器具を装着することが国際規格等で採用されています。

日頃当たり前になっている行動に危険が潜んでいるので、それを忘れないために、もう一度自分自身の行動を見直す良い機会だと思います。

(安全についての講和)

今年の特別講演のゲストはK-1 WORLD GP 3階級王者として有名な格闘家・武尊選手です。対談方式で武尊選手にたくさんインタビューさせていただきました。

安全大会なので、安全や危険予知などのことを武尊選手にお伺いしました。武尊選手は仕事としては安全に戦っているとのことですが、格闘技は趣味かつ多くの方々に観ていただきたいので、相手に攻撃される危険な距離でも、それが逆に自分側のチャンスでもあるので、そこを逃さず果敢に相手に立ち向かいます。それが武尊選手の強さの秘訣ですね。

 

武尊選手のSNSにも弊社の安全大会が掲載されています!

(対談方式でインタビュー)

k1 武尊 タイコー 安全大会 講演

(役員の皆様とご一緒に)

k1 武尊 タイコー 安全大会 講演

(総会・安全大会後の懇親会)

懇親会では武尊選手にパフォーマンスを披露していただきました。

k1 武尊 タイコー 安全大会 講演

(強烈なキックが炸裂!)

k1 武尊 タイコー 安全大会 講演

(素早いパンチ!)

k1 武尊 タイコー 安全大会 講演

(武尊選手に強さの秘訣をお伺い?)

k1 武尊 タイコー 安全大会 講演

協力会社の皆様、武尊選手、お忙しいところ本当にありがとうございました。

日常清掃の業務について

こんにちは。タイコーの南です。

 梅雨に入り雨の日が多くなりました。洗濯やお出掛けなどは、梅雨の晴れ間を有効的に使いたいですね。この時期、俳句でよく見掛けるのが四葩(よひら)という言葉です。四葩は紫陽花のことです。紫陽花の花びらに見える青色の部分は4枚のガクです。言い方を変えるだけで格調高くなりますね。

弊社は、201812月から日常清掃の業務を開始しました。日常清掃はビルに入って

いるテナント内部のゴミの回収、トイレ及び床(カーペット)の清掃などを毎日行います。曜日によって毎日清掃するフロアが異なります。

オフィス ビル 清掃

(バッテリー式カーペット専用の掃除機)

業務はビルによって異なりますが、おおよそ6:0011:00です。テナント内部はみなさまが出勤する前に清掃を行い、出勤されてからは共用部分の清掃を行います。

オフィス ビル 清掃 ごみ収集

(テナント内部、集合ゴミ箱の回収)

オフィス ビル 清掃 洗面台

(男子トイレの床の清掃)

また、ビルによっては店舗が入っているところもあるので、店舗の清掃をすることもあります。

オフィス ビル 清掃 ごみ収集

(テナント内部、個人ゴミ箱の回収)

オフィス ビル 清掃 トイレ

(男子トイレの床の清掃)

弊社ではマンションの給排水設備の改修工事だけではなく、日常清掃としてビルの清掃業務も行っております。もしご要望がございましたら、下記記載の電話番号までお問い合わせ下さい。
tel 047-421-1077

新東京支店

こんにちは。タイコーの南です。

最近まで10連休や新しい元号の話題で盛り上がっていたかと思うと、もう6月です。梅雨の季節で些か鬱陶しいと感じますが、紫陽花の花を観賞したり梅酒や梅ジュースを作って飲んだりと、この季節ならではの風物詩を楽しみたいですね。

20195月末、弊社東京支店は事務所を移転しました。築地2丁目から築地1丁目への移動で近所ではありますが、より広い環境を求めて、また、会社として機能向上アップのために移転を行いました。

(新東京支店のエントランス)

旧東京支店では1フロアをパーテーションで仕切っていましたが、新東京支店では事務所内に社内用会議室、ロッカー、倉庫、休憩所などが併設され、今までになかった開放感が生まれました。

(事務所)

広くなった新東京支店は将来的に社員が増えたとしても、デスクを置くスペースがあるので、まだまだ受け入れ可能です。また、デスクの他に作業スペースもあるので、資料の配付準備などは、その空間で作業することができます。

(会議室)

新しい元号と共に行った事務所の移転は、気持ちをフレッシュにさせてくれます。また、広くなった分、作業効率アップも期待できます。もし築地へお立ち寄りの際は、新しい東京支店へ足を運んでいただけると嬉しく思います。

 

 

それではまた次回もお楽しみに。

<排水管洗浄> 定期清掃について

こんにちは。タイコーの南です。

気象予報士によると、5月と10月は一年で一番良い季節とのことです。初夏の風、目にも鮮やかな清々しい新緑や若葉、さらに5月はバラの時期でもあるので、梅雨入りする前にどこかに出掛けられると楽しいかもしれませんね。

 

今回は弊社の日常業務の一環でもある排水管洗浄を取り上げます。弊社は給水管・排水管の更生工事、更新工事をメインに行っていますが、排水管の洗浄やマンション室内のリフォームも行っています。

マンションメンテナンスも年一がお勧めです

長年排水管を使用していると、油脂分や食べ物のカス、毛髪などで排水管が汚れます。洗浄箇所は台所、洗面、浴室、洗濯、トイレの主に5ヶ所です。弊社では、管理会社様や管理組合様の依頼で定期的に排水管の洗浄を行っています。我々人間の体も一年に1回健康診断を受けるように、マンションの排水管洗浄も一年に1回は実施された方が望ましいです。

 

マンションの排水管洗浄には、高圧洗浄ポンプを載せた特殊車輌を使用します。手順としては専有部内の室内に養生を行ってから、1階、2階、3階、4階へと下から上へと洗浄作業を進めていきます。専有部の洗浄が終わった後、外部枡の洗浄を行います。

(高圧洗浄ポンプを載せた特殊車輌)

また、作業をするにあたり、お部屋の立ち入りが不可欠なため、居住者様の在宅が必要となります。作業自体は10~15分程度です。排水管洗浄を行う場合には事前に在宅のお願い資料を配布させていただき、ご理解とご協力をお願いしております。

 

室内、洗面排水管での作業

ここで弊社が常々心がけている大切なポイントが 身だしなみ です。

臭くて汚らしく、不愛想な人が作業員としてご自宅に入ってこられたら、不快な気持ちになってしまうと思います。やはり、お客様には安心して頂きたいので、作業員一同身だしなみチェックはかかせません。

こんな靴下も社内で使用しているんですよ。

住環境を汚さず素早く清潔な作業を心がけて、排水管をキレイに保つ為の確かな技術を届けて参ります。

それでは次回もお楽しみに。

工事に使用する道具について

こんにちは、タイコーの南です。

平成の時代が終わり、令和の時代に入りました。今年の大型連休は最大10連休という方が多かったと思いますが、ゆっくり満喫できましたでしょうか。風薫る5月、若葉が芽吹き、新緑の季節、令和に入っても引き続き株式会社タイコーをよろしくお願いいたします。

毎週月曜日の夕方、弊社では新入社員・新人社員を対象に営業勉強会を実施しています。今回の営業勉強会は工事に使用する道具について学びました。工事では道具が不可欠です。どんなにたくさんの作業員が現場に入っても、道具がなかったら何もできません。したがって、道具も工事における「陰の主役」と言っても過言ではないと思います。

 

配管工事使用工事道具

(たくさんの工事道具)

工事で使用する道具には数多くあり、小さい物から大きい物、形も様々です。専門性が高く、特殊な道具が多いため、いくつかご紹介します。

配管ねじ切り加工機

パイプマシン

これは パイプマシン(切削ねじ加工機)といって、ねじを作成するマシーンです。

水道とガスや各種気体等の配管に使用する鋼管を、接合するための様々な加工を施す電動工具です。

 

チェーンバイス

こちらはパイプをカットする機械です。こんな小さな機械ですが作業の際には粉塵が飛散したり大掛かりな作業なので、規模の小さめな工事の際でもチェーンバイスなどの大型機械を使用する場合は事前に車両一台分のスペースがとれるようにしなくてはなりません。しかし、このチェーンバイスは切断するパイプを2本のチェーンで固定し、丸棒(軟鋼材)や小径パイプなどを束ねて切る事ができる優れものなんですよ。

 

 

ビニルライニング交換カット

チェーンバイスによるカット断面

チェーンバイス使用動画

電動ハンマ

電動ハンマは、石工穴あけ、土堀や地固めに使用します。

これは、実はとても重いんですよ。軽量なものもありますが、大きいと17kgもあったりします。

 

現場の資材・材料置場は、管を切断する現場もあるため、先述の通り、現場によっては車一台分くらいのスペースが必要な場合があります。また、屋上の高架水槽を撤去する工事の場合は、巨大なラクタークレーンを使用します。

 

工事の道具は使い方を誤ると大事故につながりますので、道具の使い方や注意点も学びました。切断する道具を使用する際には特に注意が必要です。作業中は手袋が必要かと思いがちですが、過去には手袋が機械に巻き込まれる事故や、指をケガした事故も発生しています。

 

道具は我々人間の力を増幅させ、人間の代わりに良い働きをしてくれるありがたいものです。道具を大切に使うことは、人間やあらゆる万物を大切にすることであり、仕事のモチベーションや仕事に対する姿勢などの向上にもつながります。

秀逸な道具をいくつか紹介してきましたが、やはり使用する者の技術で工事の完成度に違いがあったりするものです。

我々はこれからも日々安全をしっかり守りながら、使用する貴重な道具の特色を最大限に引き出し、ご満足頂ける工事のご提供ができる様邁進致します。

それでは次回もお楽しみに!

管工事施工管理技士について

こんにちは、タイコーの南です。

春風の心地よい季節になり、街や電車の中では新入社員や新入生を見掛けることが多くなりました。服装や表情も初々しくフレッシュですね。それと同時に平成の時代も残り1ヶ月です。先日ついに新しい年号が発表されましたね。令和が明るい時代になる事を願うばかりです。

さて、今回は管工事施工管理技士についてご紹介したいと思います。

管工事施工管理技士は国土交通省管轄の国家試験で一級と二級の二種類があり、この資格を所有していると配管工事の施工計画の作成、工程・安全・品質の管理等を行うことができます。

 一級管工事施工管理技士の合格率は20102018年の過去9年間の平均では、学科40.9%、実地56.7%です(総合資格学院調べ)。

難関というイメージが強い一級管工事施工管理技士ですが、難易度としては「普通」の分野に分類されます。しかし一夜漬けの勉強では合格は難しいので、コツコツと真剣に勉強に取り組まないと合格できない資格です。

管工事施工管理技士、一級と二級では仕事内容が異なります。一級では大規模な工事現場の施工管理や安全管理を行うことができ、二級では中小規模の工事現場の施工管理を行うことができます。配管工事に関する資格は、会社を運営する上で必須となりますので、弊社では一級管工事施工管理技士、二級管工事施工管理技士の他に給水装置工事主任技術者、一級建築士などの資格取得を積極的に推進しています。特に一級管工事施工管理技士の取得に力を入れており、社内で受験者を対象とした試験対策講習会を開催しています。

 

弊社で一級管工事施工管理技士を取得した者がおりますのでインタビューを致しました。

弊社の工事部所属社員Uさんです。

南: どのような勉強方法で資格を取得しましたか?

社員U: 社内開催している研修に積極的に参加しました。あとは講師へ直接質問したり、問題集をこなしたりの繰り返しでした。

南: 大変なことは何でしたか?

社員U: 一級管工事施工管理技士の受験生の多くが、仕事と受験勉強を両立する必要があります。やはり私も現場を収めながらの勉強が大変でしたね。仕事を終えると疲労感もありましたが自分で勉強すると決めてきちんと時間を作ることが大事だと思い、頑張りました。

南: 一級管工事施工管理技士の資格を取得して何か変化はありましたか?

社員U: 理事会などのヒアリングに出席が増え、住民様方への提案を行うことが多くなりました。
それから大型の現場を任せられる機会も増えましたね。
今までのルーティンワークに、より緻密な管理が求められるようになり、大変な事もありますが、知識や施工技術があってもこの資格を持っていないとできない事もあり、身が引き締まる心地がします。
また、住民様にヒアリングの機会を頂き、きちんと情報を得てそれに基づき、その建物や住民様方にはどのような工事方法が合っているのか考慮する事は責任重大です。
建物の状態も住民様の声もそれぞれ個性がありますので、ニーズに合った最善のご提案を行える様、これからも努めていきたいと思っております。

 

日常業務もこなしながらの勉強の成果が実り、本当によかったです。

今後も意欲のある者が社の育成により育っていけたら幸いです。

 

それでは、次回もお楽しみに。

 

 

 

お問い合わせはコチラから↑↑↑

CSC工法技士認定研修会 続報

こんにちは、タイコーの南です。

東京の桜の開花が宣言され、日中の気温も20℃前後となり、昼間はジャケット1枚で歩ける様になって参りました。春の到来で心も軽くなりますね。皆様お花見はどこを予定しているのでしょうか。各所お花の季節を楽しみたいですね。

さて、去る2019年2月23・24日の土曜・日曜、船橋市でCSC工法技士認定研修会を開催した事を前回の投稿でお伝えしましたが、今回はその続報で、24日の土曜日に開催されたCSC工法(サイクロンスーパーコート工法)の実技研修会の様子をお伝えします。

~2日目~

研修会2日目は船橋市にある弊社倉庫の敷地内で行いました。

弊社倉庫には工事作業の練習台を設置しており、研修の際には利用できるようにしております。
幸運なことに晴天にも恵まれ、日なたでは幾分暖かさも感じました。

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(敷地内にあるCSCの練習用パイプ)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(CSCで使用する特殊塗料)

工事の工程手順としては、先ず強力な吸引力に流体の圧力をプラスして利用した施工方法で長年蓄積された汚れやつまり、錆も、根こそぎ落としていきます。従来の吸引気流を利用した方法をさらにパワーアップするために空気や圧力を利用する仕組みを作り上げた研磨方法で、この排水管内の汚れ落としに使用するものが弊社独自開発の高圧研磨用専用ノズルです。

強力なパワーでスピーディーに配管内の汚れを研磨除去したら、ここでCSC塗料の登場です。この青い特殊な塗料を使って抗菌塗装をしていく(ライニング)という流れになります。
このCSC塗料は「 抗菌塗料 」としてSIAAに適合した業界初のライニング剤で、排水管の経年劣化によるつまりや排水不良、管内の雑菌繁殖を起き難くする効果があり、常に衛生的な状態をキープすることができるのです。

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(排水管の清掃で使用する治具)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(実践に入れてみます)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(継手の箇所も問題なくクリア)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(内部表面の汚れを落とします)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(CSC塗料で排水管内部を塗布)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(オレンジのホースの先は吸引車と連結)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(CSC塗料を受け止める容器)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(吸引車)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(吸引車の風の力で塗料を塗布)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(塗布後の排水管の切り口)

実技終了後にはCSC工法技士認定試験を行いました。結果は・・・

受験者様の多数が合格できました。

研修会の意義を感じることができ、大変喜ばしく感じております。社員及び工事関係者様の育成のために、今後もまたこのような研修を行っていきたいと思います。

CSC工法技士認定研修会

こんにちは、タイコーの南です。

【梅一輪 一輪ほどの 暖かさ】服部嵐雪の句です。この句を詠むと心が春のように暖かく感じます。春は三寒四温です。寒い中でも沈丁花の香りを感じたり、植物の新芽を見つけたりすると嬉しくなりますね。

去る201922324日の土曜・日曜、船橋市でCSC工法技士認定研修会を開催しました。CSCとはサイクロンスーパーコートの頭字をとった呼称であり、弊社独自で開発した排水管更生工事の工法です。日頃協力会社様にご使用していただいているCSC工法ですが、知識や技法などを再確認していただき、CSC工法技士の資格取得を目的として行いました。

~1日目~

研修会1日目は机上で行い、最初にCSC工法のDVDをご覧いただきました。その後、CSCの技術概要説明に始まり、基本技術理論、施工概要、工事目的、施工フロー、施工方法、調査・診断、施工マニュアル、そして安全管理まで、CSC工法の知識や用語などを学びました。

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(CSC工法のDVD)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(研修会の様子)

CSC工法では専用塗料を使用します。専用塗料の主剤は半分がエポキシ樹脂であり液体です。これに硬化剤を混ぜ、排水管内に塗布することで、排水管内に強固な防錆塗膜を形成します。正しく塗布するためには、正しい知識と手順を把握した作業者が必要です。

作業中は取り扱いに注意が必要なため、今回の研修会ではエポキシ樹脂の知識、特性、扱い方なども学びました。今後の施工での安全性に関わるため、皆さん真剣に受講されていました。

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(エポキシ樹脂の知識を学習)

研修会では弊社で作成したテキストや、塗料メーカーさんに作成していただいたパワーポイントなど使用し、講習を行いました。

講師の方々は、難しい内容を資料を通して、参加者の生きた知識となるように留意して指導を行われていました。

2日目には試験もあり、資格を取得していただくためには一定の成果を出さなければなりません。全員合格を目指して皆さん頑張って取り組んでいました。

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(研修会で使用したテキスト)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(研修会の様子)

~懇親会~

研修会1日目終了後、ささやかながら懇親会を行いました。研修会のためにわざわざ遠方からいらっしゃった方々も多いため、おいしい食べ物を食べて、リラックスしたひと時を過ごしてもらえれば幸いです。

今後CSC工法を全国に広めていくためには各社の結束が重要になります。これを機に参加していただけた方々には手を取り合って、たくさんの排水管更生工事の現場に取り組んでいただければ、CSC工法という繋がりから共存共栄していくことを願います。

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(弊社社長の挨拶)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(懇親会の様子)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(懇親会の様子)

CSC 排水管 更生工事 関東 修繕 緊急 クロス・ウェーブ

(懇親会の様子)

懇親会では仕事中になかなかプライベートなことを話す時間がないので、こういったタイミングがあると打ち解けたりできるのではないでしょうか。

また、案外談話中によい情報交換ができたりもするものですね。

普段、設備工事の最前線で作業し、活躍されている方々が大勢集まりましたので今後同じ現場で施工することとなれば、そのチームワークにも期待ですね。

この時間を有意義に過ごしていただき、翌日の学習に向けて英気を養っていただきました。

ひきつづき二日目の内容もお届けいたします。