メールで
問い合わせ
水回りのトラブルに緊急サポート
今すぐお電話
24時間365日緊急対応

タンクレストイレのメリット・デメリット

タンクレストイレとは

タンクレストイレとは、従来便器の後ろにあった水を溜めておく為のタンクがないトイレの事です。

従来のタンク付きのトイレでは水道の水を一時的にタンクに貯水してタンク内の水で便器を洗浄しますが、タンクレストイレは水道から直結で水を流す仕組みになっています。

タンクレストイレは便器と便座が一体型になっており、ウォッシュレットが標準装備になっています。また、節水機能が備わっている製品が多いのも特徴です。

タンクレストイレの写真

タンクレストイレのメリット・デメリット

そんないい事尽くめに思えるタンクレストイレですが、当然メリットとデメリットがあります。下記の表でタンク付トイレと簡単に比較してみます。

種類 メリット デメリット
タンクレストイレ ・省スペース・ウォシュレットが標準装備

・掃除が簡単

・デザイン性が高い

・水を連続で流せる

・節水効果が高い

・手洗いが別に必要・水圧によっては設置出来ない

・停電時に水が流せない

・ウォシュレット部分の交換が出来ない

・タンク付より価格が高い

タンク付きトイレ ・手洗いがセット・水圧が低くても設置可能

・停電時でも使用可能

・タンクレスより安価

・掃除がしづらい・タンクが場所をとる

・連続で水を流せない

・タンクレスにデザインが劣る

タンクレストイレのメリット

①省スペース

タンクレストイレは従来のタンク付きトイレと比較した際幅・高さ・奥行きの全てが一回り小さくなります。

特に高さや奥行きはタンクが無い分約10~20cm小さくなるため、トイレ空間を広く使う事ができます。

②掃除が簡単

タンクレストイレはツルツルとしたシンプルな外見が特徴的です。

平らな部分が多いタンクレストイレは、ホコリなどの汚れが溜まりにくいため、拭き掃除がタンク付きのトイレに比べて簡単です。

③デザイン性が高い

タンクレストイレはデザインがお洒落な商品が多く、狭いトイレ空間をスタイリッシュに演出することができます。

省スペースな事も相まって様々なインテリアとも合わせやすく、トイレをおしゃれで居心地の良い空間にする楽しみが生まれます。

④水を連続で流せる

水道直結なのでタンクに水が溜まるのを待つ必要がなく、連続で水を流す事が出来ます。

タンク付きのトイレの場合はタンクに水が溜まるまでにだいたい1分前後の時間がかかっていたので忙しい朝に家族で連続してトイレを使用する場合などでも重宝します。

⑤節水効果が高い

従来のタンク付きのトイレは1度水を流すのに約13リットルもの水が使われています。

一方でタンクレストイレの場合は1度で約3.3リットル~と3分の1以下の水量で流す事が出来ます。

計算すると水道代が年間で¥15,000程お得になります。

タンクレストイレのデメリット

①手洗いが別に必要

タンク付きのトイレにはタンク上部に手洗いがついているタイプが多くありますが、タンクレストイレには手洗いがありません。

トイレ内に手洗いを設置したい時は別に手洗い場を作ることになってしまう為、逆に空間が狭くなってしまう可能性があります。

②水圧によっては設置出来ない

タンクレストイレは水道管から直接水を引くため、一定以上の水圧が必要になります。(目安としては0.05MPa~0.10MPa)

製品によって必要とする水圧が異なりますので設置前に確認しておく事が大切です。

③停電時に水が流せない

ほとんどのタンクレストイレは電気を使用してバルブを開閉し水を流すので、停電すると自動で水を流せなくなってしまいます。

その際はバケツ等に水を汲み流すことになります。

製品によってはオプション部品をつけることで、停電時でも流せるものもあります。

④ウォシュレット部分の交換が出来ない

タンクレストイレはウォシュレットと便座が一体化したものです。

このため、ウォシュレット部分だけの交換は基本的に行う事が出来ず、メーカーへの修理依頼を出すか便器部分を含めた全体を交換する必要があります。

⑤タンク付より価格が高い

タンクレストイレはタンク付きトイレに比べ、価格が高い傾向にあります。同様のスペックの製品で比べてみても1~10万円程の差があります。

タンクレストイレのリフォーム費用と日数

ここまでタンクレストイレのメリット・デメリットをご紹介してきましたが、では実際にリフォームする場合には一体どれ位の費用がかかるのでしょうか?

また、設置工事にはどれくらい日数が必要になるのでしょうか?

タンクレストイレのリフォーム費用相場

タンクレストイレのリフォームにかかる費用の相場は、交換する機種や工事内容により異なりますが、約50万円程です。

トイレの本体価格は10万円台~30万円台の物が多く、工事費として、出張費・古いトイレの撤去費・新しいトイレの取付工事費・廃棄処分費などが加算されます。

タンクレストイレのリフォーム日数

タンクレストイレのリフォームにかかる日数は約1~3日程度です。

これはトイレの交換自体にかかる日数です。

トイレのリフォームの流れとしては、まず設置箇所を確認する現地調査を行い、希望機種が設置可能かどうか、どのような工事が必要かなどを確認します。

そして、現地調査の結果に基づき、業者から見積が提出され契約後に工事が行われます。

工事を行う前に業者とよく相談をし、提出された見積内容をきちんと確認して納得の上で工事を行う事が大切です。

このコーナーでは様々な水廻りお役立ち情報をお届けしております。

他の記事も是非お読みいただければと思います!!




株式会社タイコーは、お客様の満足を最優先に考え、迅速かつ丁寧なサービスで、最新の技術と豊富な経験を活かし、給水管・給湯管・排水管の更生工事・更新工事を高品質でご提供致します!