メールで
問い合わせ
水回りのトラブルに緊急サポート
今すぐお電話
24時間365日緊急対応

間取りに書いてある「PS」「MB」ってどういう意味?

マンションの間取りを見ていると出てくる「PS」「MB」といった表記

この意味を皆さんはご存じでしょうか?

今回は見たことはあるけれど意外と知らない「PS」「MB」の正体についてご紹介していきます!

 

「PS」ってどういう意味?

早速ですが、「PS」とはパイプスペースの事で給水や排水に必要な管をまとめている空間の事を言います。

建物の中にはメインとなる給水管や排水管が通っており、そこから各部屋に分岐していきます。

その管がむき出しのままだと音もうるさく危険な為、周囲を壁で囲っています。

物件によって異なりますが、台所・洗面所・風呂場から出る雑排水とトイレから出る汚水を分けている為、

2か所に分けて取付けている住戸が多いです。

トイレやキッチンなどの水回りの近くに設置していることもあります。

   

パイプスペースとパイプシャフトの違い

先ほどPSとはパイプスペースの意味とご紹介しましたが、パイプシャフトもPSとして表記されます。

パイプシャフトには軸という意味があり、上階から下の階まで繋がっている立管が納まっている場所を指します。

パイプスペースは立管だけでなく、配管を納める空間全般を指しており、ほとんど同じ意味を持つ単語として利用されています。

ちなみにPSと似ているDS(ダクトスペース)は室内の空気を循環させるために使用する管などを収納するスペースなのでPSとは用途が異なります。

   

「MB」ってどういう意味?

PSの意味が分かったところで続いては「MB」についてご紹介していきます。

「MB」とは、メーターボックスという意味で検針が便利になるように電気・ガス・水道メーターを一つにまとめている箇所の事を言います。

電気代など光熱費の検針で業者が来た際、住居内に入らなくても良いように多くの物件は玄関ドアや共用廊下に設けられています。 収納されている電気メーター・ガスメーター・水道メーターは電力会社・ガス会社・水道局の所有物で、それぞれ法律で定められた期限があり定期的な交換が必要です。

交換は所有者が行う義務があるので居住者は特に確認をしなくても問題ありません。

漏水やガスが止まってしまった際の復旧など緊急時には居住者が開けて操作することも可能です。

ちなみに「MBPS」といってメーターボックスとパイプスペースの両方を兼ね備えた空間がある物件もあります。

   

PSの生活への影響

ご紹介してきたようにPSは住戸には欠かせない重要な場所ですが、取り付けられている場所によっては生活に影響があります。

その一つが上階の配管からの生活音です。

マンションなどの共同住宅で起こる騒音トラブルとして多く挙げられるのが上階の足音や、ペットの鳴き声などですが、生活音もその一つです。

PSは基本、音がしても問題のない場所に取り付けられている物件がほとんどですが、

設計上の問題で音が気になる場所に配置されている場合もあります。

PSには配管以外何もないので音が響きやすく、騒音に繋がってしまいます。

また、PSは共同住宅の構造に大きく影響しているため、リノベーションなどの際も基本的に場所を移動させることができません。

お部屋を選ぶ際にはPSの位置を含めて間取りを確認することが大切です。

物件選びの際のPS確認項目

物件選びの際に確認しておきたいのはPSの材料と取り付け場所です。

先ほどもご紹介したように材料や取り付け場所によっては騒音問題に直結しますので予め確認しておくと安心です。

 

PSの材料

PSに使われている材料によって遮音性は大きく異なります。

遮音性の高さは騒音対策として重要な項目です。

PSには部屋の天井~床まで繋がっている管を通す為の穴が空いているので、その穴を緩衝材で埋めていない物件は音が響いてしまいます。

一般的に厚めの石膏ボードで防音対策がとられていますが、物件によっては薄い石膏ボードが使用されていたり、そもそも何もつけていない物件も存在しますので確認が必要です。

 

PSの設置場所

先ほどもお伝えしましたが、PSを通る水は浴室やトイレなど水回りの設備から出ている為、

上階に住んでいる家庭の生活スタイルによっては夜中や朝方などの周囲が静まり返っている時間帯に使用があり、

音が気になってしまう可能性があります。

その為、PSが寝室の近くにある物件は避けた方が安心です。

 

いかがでしたでしょうか?今回は「PS」と「MB」の意味などをご紹介してまいりました。

あまり気にしていなかった方もいらっしゃるかもしれませんが、物件を選ぶ機会があった際にはぜひご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。