メールで
問い合わせ
水回りのトラブルに緊急サポート
今すぐお電話
24時間365日緊急対応

ご存知ですか?キッチンシンクに流してはいけないものとその理由とは?

普段の料理や洗い物の際にキッチンのシンクに色々と流していませんか?

特に気に留めていないものの中に、実は流してはいけないものが含まれているかもしれません。

また流してはいけないと聞いたことがあるものの、なぜ流してはいけないのか理由をご存知でない方もいらっしゃるかもしれません。

今回はキッチンシンクに流してはいけないものとその理由をご紹介していきます。


それでは早速流してはいけないものをご紹介していきたいと思います。



①熱湯

麺や野菜などのゆで汁をそのままシンクに流していませんか?

こうした熱湯もシンクに流してはいけないものの1つになります。

キッチンの排水口の下にある配管部分には、多くの場合塩化ビニル樹脂などが使用されています。

塩化ビニル樹脂は62~72度で軟化してしまいますので頻繁に熱湯を流すことにより変形や破損をしてしまう可能性があります。

その為、熱湯をシンクに流す際には同時に水道から大量の水を流して温度を下げながら流すようにするか、

一度ボウルなどに受けて、冷ましてから流すようにしましょう。

シンクに熱湯を流してしまうと排水トラップやゴミ受けなど、シンク周りにあるものも影響を受けることになります。

これらもほとんどが塩化ビニル樹脂でできているため、熱湯をかければ変形や破損してしまう可能性があります。



②油

揚げ物等に使用した油もシンクに流してはいけません。

油を流すと排水口や排水管、さらには下水管が詰まる原因となってしまいますので注意が必要です。

また下水処理で浄化するために必要な水の量が増えてしまう為、環境にも悪影響を及ぼします。

油を捨てる際は下記の方法がおすすめです。

■市販凝固剤を使用する

油を固める方法の中で最も一般的なのは、市販されている凝固剤を使って固める方法です。

市販の凝固剤は油を固めるために専用に作られていますが、温度が低いと凝固剤が溶けきらないのでうまく固めることができません。

調理後の油が温かいうちに投入しましょう。

凝固剤のかわりに片栗粉や小麦粉、パン粉に油を吸わせて袋に入れて捨てる事も可能です。

フライパンを洗うのが大変という点がありますが応急処置としては覚えておくと便利です。

油凝固剤の写真

■古紙等に油を染み込ませ処分する

スーパーのレジ袋などのビニール袋に新聞紙やキッチンペーパーを入れ、冷ました油を染み込ませて捨てるという方法もあります。

自然発火を防ぐため、水も染み込ませ、最後にビニール袋の口を輪ゴムやガムテープで密閉して廃棄します。

また、揚げ物などの大量の油の処理は気を付けていても料理の際にフライパンや食器類についた油汚れをそのままキッチンシンクで洗ってはいませんか?

こうした油汚れもなるべくキッチンペーパーなどで拭き取ってから洗うように心がける事をおススメいたします。

先にふき取る事により汚れが落ちやすくなり、節水にもつながります。



③野菜のくずや食べ残しなどの生ごみ

料理の際に出た野菜のくずや食べ残しを、洗い物の際に流してしまうのも問題です。

こちらも油同様、排水口や排水管、下水管がつまる原因となってしまいます。

また、悪臭も発生しやすくなります。

生ごみは水気をよく切り燃えるゴミとして捨てるか、生ごみ処理機などを使って処理するようにしましょう。

生ごみや油などをキッチンシンクに流して捨てているという方は少ないと思いますが、熱湯に関してはそのまま流している方も意外といらっしゃるのではないでしょうか?

排水管を長持ちさせる為にも上記のものを流さないように日ごろから気を付ける事が大切です。

しかし、気を付けていても時には排水口でのトラブルが発生してしまう事もあります。

その際に薬剤を使用される方も多くいらっしゃると思いますのでここからはその際の注意点をご紹介していきます。

排水口のトラブルを解決するために、パイプユニッシュやパイプクリーナーなどの薬剤をシンクに流す場合があると思います。

もちろんシンクに薬剤は流しても問題ありませんが、その際はパッケージ等に記載されている使用方法をよく読み十分注意する事が大切です。

パイプユニッシュの使い方について



特に気をつけたいのが強力な薬剤であるパイプユニッシュです。

薬剤を使った後はしばらく時間を置くことも必要になりますが、放置しすぎない様に気を付けましょう。

汚れや詰まりの症状が酷い場合には時間を置けば置くほど汚れが落ちると思う方もいらっしゃるかもしれませんが実際には効果がないどころか

、浮いた汚れが下に集まってしまい詰まりの原因になりかねません。

その為使用時間をきちんと守り必ず水でしっかり洗い流す事が大切です。

排水管へ劇薬を頻繁に使用する事を懸念されている方におすすめなのが非塩素系の排水管洗浄剤です。

抗菌銀イオン配合の泡で汚れを押し流すので排管のお手軽なお掃除に役立ちます。

BSCバブルスーパークリーナー(排水管洗浄剤)

タイコーの『 BSC バブルスーパークリーナー 』は、
銀イオン(抗菌成分)配合の非塩素系排水管洗浄剤です。

キッチン、洗面台、浴槽内、洗濯パンの排水口にご使用いただけます。
排水管の見えない箇所もヌメリ、悪臭、詰りを泡の力で撃退します。

 

 

 

いかがでしたか?毎日使用するキッチンのシンクです!

長持ちさせる為にも日ごろから気を付けて大切に使用していく事を心掛けていきましょう。

 

 

 

このコーナーでは様々な水廻りお役立ち情報をお届けしております。

他の記事も是非お読みいただければと思います!!




 

株式会社タイコーは、お客様の満足を最優先に考え、迅速かつ丁寧なサービスで、最新の技術と豊富な経験を活かし、給水管・給湯管・排水管の更生工事・更新工事を高品質でご提供致します!