銀イオンのすぐれたパワー

銀イオンのすぐれたパワー

こんにちは。タイコーの南です。

 

全国における新型コロナウイルスの感染者数が以前と比べて減ってきています。マスクの常時着用、室内の換気消毒実施、こまめな手指消毒やうがいの実施、店内などの飛沫感染防止透明フィルム設置、など多くの人々の努力の効果が確実に表れていると思います。この状況を少しでも早く通常に戻せるよう、感染防止対策を継続実施し、終息に向けて頑張っていきましょう。

 

さて、排水管の更生工事は、弊社が最も得意としている施工分野です。弊社は、『サイクロンスーパーコート(CSC)工法』という工法の開発工法元でもあります。大型吸引車で吸引しながら独自に開発した特殊研磨治具で排水管内を下地処理し、その後、これも独自に開発した抗菌塗料をまんべんなく均一に塗布します。

    (排水管更生工事に使用する抗菌塗料)

      (塗装前・塗布後のサンプル管)

その抗菌塗料には、「銀イオン」という抗菌物質が含有されています。銀イオンとは、銀がイオン化したものであり、イオンとは電荷を帯びた状態のことを言います。この銀イオンは、細菌の酵素の働きを阻害して、増殖を抑制します。これが抗菌の作用です。

 

この銀イオンの抗菌作用を利用した衛生商品は、世の中に多数あります。身近なところでは、銀イオン成分配合のまな板やスポンジ、超極細の銀繊維や銀イオンを染み込ませた繊維で織った衣服、消臭スプレーなどがあります。さらに病院や医療現場などでは、抗菌対策として、銀イオンが含まれた「銀イオン水」が使用されています。銀イオン水は無味無臭、無色であり、アルコールや塩素と同様に抗菌力があります。人体に密着しても安全です(飲用はできません)。アルコールや塩素は即効性がありますが、銀イオンは持続性があります。アルコールと銀イオンを複合し、即効性と持続性の両方を兼ね備えた抗菌製品もあります。

  (抗菌塗料に使用されている銀イオンパウダー)

排水管内は、空気中にある「汚れの細菌(バクテリア)」が排水物を栄養素とし、大量増殖します。その増殖したものが軟泥状態(スライム)でさらに大きくなり、臭いや詰まりを発生させる原因になります。そこで銀イオンを配合した抗菌塗料を塗布することによって、排水管の「汚れの細菌(バクテリア)」の増殖を防ぎ、詰まりにくくすることが可能になります。また、銀イオンは持続性があるため、汚れが増殖できにくい状態を長期間維持することが可能です。その効果で、毎年の高圧洗浄が長期間不要になり、経費の節減にもつながります。

                          (銀イオンの紹介パンフレット)

銀は昔から人間を有害な細菌から守ってくれ、古くから食器としても多用されています。弊社ホームページに施工イメージ図も掲載しておりますので、排水管更生工事をご検討されていましたら、タイコーを思い出していただければ幸いです。