身だしなみについて

身だしなみについて

こんにちは。タイコーの南です。

第4回目です。

 

2、3日前、錦糸町の公園を通った時に梅が咲いているのを見つけました。寒さの中でも確実に春が近づいていることを嬉しく思います。早いもので1月最後のメッセージになります。

 

さて、今回は身だしなみについて書きたいと思います。前回のブログで「服務三訓」の現場掲示写真を見ていただきましたが、日頃から身だしなみを意識して作業しています。この「服務三訓」はお客様に満足していただける工事を行う為に、基本となる姿勢と考えております。

 

服務三訓とは次のような内容です。

①清潔感が無ければ、どんなに頑張ってもいい仕事は出来ない。

②清潔感が無ければ、どんなに頑張ってもお客様に満足して頂けない。

③清潔感が無ければ、どんなに頑張ってもプロとは言えない。

 

例えば室内調査などでお客様のお宅へ泥だらけの靴、汚れた靴下、汚れた服で訪問し、作業道具を散乱していたらお客様は不快に感じるのではないでしょうか。改修工事の現場では、新築工事とは違い居住者様がお住いの環境下で作業を行います。常に身だしなみには気を付けなければなりません。当社工事部の標準の服装を紹介します。

 

 

※左から軽装、ブルゾン、軽防寒、協力業者用ベスト

 

人は誰でも最初の印象は「見た目」だと思います。ファーストインプレッション(第一印象)で気持ちが左右されます。身だしなみや整理整頓は社会人としてごく基本的なことだと思います。「タイコーの身だしなみがおかしいな」と思いましたら、遠慮なくご意見を頂ければと思います。

 

次回もよろしくお願いします。2月・3月と竣工期限の現場がたくさんありますので、身だしなみに気を付けて頑張ってまいります。