現場の安全パトロールの実施

現場の安全パトロールの実施

こんにちは。タイコーの南です。

 

8月は日本にしてみれば特別な月だと思います。86日の広島の原爆の日、9日の長崎の原爆の日、15日の終戦の日。戦後74年が経っても、未だ戦争の悲しみは消えることがありません。戦争を過去の出来事とは捉えず、核を廃絶することや戦争を起こさないようにすることが、現代を生きる我々に課せられた使命だと思います。

 

現場の安全パトロールは、施工の現場で定期的に実施されています。今回は東京都狛江市にあるマンションの排水管更生工事の現場を取り上げます。

 

20192月に安全パトロールを行いました。その中でいくつかの是正必要箇所が発見されました。

是正必要箇所発見後、早急に現場の改善をします。改善することによって、居住者様の安全を守ることができます。

(資材置き場の養生)

現場担当者は「これで大丈夫。」と思っていても、第三者から見るとそのやり方が間違っていたり誤解をしていたりする事が多々あります。

(塗料場の換気)

安全パトロールは施工現場においてとても重要な業務です。安全パトロール実施の際には大勢の人が施工現場を歩き回っているので、居住者様に違和感や不愉快な気持ちを与えてしまう部分もあると思いますが、居住者様の安全・安心のために行っているものなので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

20198