施工現場における新型コロナウイルス対策

施工現場における新型コロナウイルス対策

こんにちは。タイコーの南です。

 

つつじやハナミズキが見頃を迎えています。例年この時期は東京都文京区根津の「文京つつじまつり」が開催されますが、新型コロナウイルスの感染防止のため、今年は中止と発表されました。芸能界でも岡江久美子さんがコロナによってお亡くなりになりました。志村けんさんに続き、改めて新型コロナウイルスの恐ろしさを目の当たりにしたような感じがします。

 

現在、横浜市港南区に位置する大型マンションで専有部給水給湯管更新工事を行っています。その施工現場で実施されている新型コロナウイルス対策をご紹介します。現場ではマスクの着用、毎朝の検温、手洗い・うがいの実行、専有部室内入室時の手や作業の除菌、退室時のドアノブの除菌、三密の注意などを徹底し、朝礼などで周知しています。

    (手の除菌)

   (作業服の除菌)


現場の除菌で使用するのは、主に弊社社内で製造している強アルカリイオン電解水です。これを10倍に希釈して霧吹きの容器に入れ、各現場に配布して使用しています。今では霧吹きの容器も品薄状態で在庫がないため、霧吹きの容器も貴重です。


 (アルカリイオン電解水)


アルカリイオン電解水の他にも、次亜塩素酸ナトリウムや他の除菌消臭スプレーや除菌シートも臨機応変に使用しています。居住者様の室内での除菌は入退室の際に毎回行っていると同時に、現場事務所や現場事務所のトイレ内でもアルカリイオン電解水を噴霧して除菌しています。


(体温計や手作りマスクなど)


アルカリイオン電解水の他にも、次亜塩素酸ナトリウムや他の除菌消臭スプレーや除菌シートも臨機応変に使用しています。居住者様の室内での除菌は入退室の際に毎回行っていると同時に、現場事務所や現場事務所のトイレ内でもアルカリイオン電解水を噴霧して除菌しています。


 (電解水以外の除菌用品)


作業員一人ひとりの意識ある行動が多くの命を守ることになります。どの施工現場でも居住者様が安心・安全に日常生活を送っていただけるよう、社員一同、全力で対応して工事を進めていきます。無事に期間通りに工事が終了するよう、日々常に気を付けて施工を行っていきますので、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。