施工現場から

施工現場から

こんにちは。タイコーの南です。

第24回目です。

 

夏至です。昼間が最も長く、夜が最も短い日です。この日を境に徐々に昼間が短くなるので、夏至を過ぎると些か寂しい気持ちになります。しかしながらまだまだ日が長いので、時間が有効に使えると思うと嬉しいですね。時間を上手に使い、効率良く仕事をしましょう。

 

今回の施工現場は江戸川区にある約70戸の給水管更生工事の現場です。工事期間は1ヶ月です。筆者も資料配布にお伺いさせていただきましたので、そこで気を付けなければならないことを記述したいと思います。

 

第一の注意点。本現地は他業者が行っている大規模修正工事と弊社の工事が同時進行で行われるため、アンケートなどを投函していただく工事ポストが隣同士に置いています。居住者様が間違って他の工事ポストに投函しないよう、他業者の工事ポストと弊社の工事ポストを離して置き、ポストにも工事名と会社名を大きく表示する等の注意を行っています。

 

第二の注意点。工事説明資料を作成する際に気を付けなければならないのが部屋番号です。工事には各住戸への入室作業があり、その日程をお知らせすることが大変重要です。竣工図面で部屋番号は確認できないので、現場で確かめるしかありません。工事説明資料を作成するためには、必ず現場確認を行い、部屋番号を確認するよう注意しています。

 

第三の注意点。工事説明会の会場がマンション敷地外で開催される場合です。マンションの敷地内で開催場所がない場合、どこか近くの場所を確保しなければなりません。その際に居住者様には開催場所の住所を記載した案内を配布させていただきます。間違いなく会場へお越しいただけるよう注意しております。

 

工事を実施するには多くの人が携わりますので、いろいろなことに注意しなければなりません。特に資料に誤りがあった場合には迅速の対応が求められます。目指すゴールは同じですので、社員一同、より良い工事ができるよう力を合わせていきましょう。

 

次回もよろしくお願いします。