マナーについて

マナーについて

こんにちは。タイコーの南です。

第21回目です。

 

5月最後の日、晦日です。早々と紫陽花や立葵が開花し、連日気温の高い日が続いています。喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をして熱中症に注意しましょう。喉が乾いている状態は既に脱水状態ですので、喉の渇きを感じる前に水分補給を心掛けましょう。

 

去る2018年5月13日(日)、講師をお招きして再度マナー研修を行いました。今回学んだことを記述します。講師の方は前回と同じですので、第17回目のブログを参考にしていただければと思います。

 

今回は応用編ということで、前回より詳しく実践的に身だしなみチェックや名刺交換、お辞儀の仕方、敬語の使い方、接客方法などを学びました。

※お辞儀の仕方を特訓中

 

その中で特に勉強になったのは名刺交換です。自己流で行っていた部分もありましたので、詳しく学ぶことができて良かったと思います。名刺入れは金属製のものより革製のものを選びましょう。名刺交換の際、名刺は右手で持ち、名刺入れは左手に持って名刺交換を行います。また、名刺の持ち合わせがなかった場合、「あいにく名刺を切らしておりまして・・・。株式会社・・・の・・・と申します」と伝え、後日お会いした時に「先日は失礼いたしました」と一言そえてから名刺を渡しましょう。身だしなみチェックでも、高級ブランド品の腕時計やバッグなどを控えることや、スカート丈は長すぎず短すぎずといった細かいところまで教えていただきました。

 

弊社はサービス業ですので、お客様に対するマナーは特に重要となり、定期的にマナー研修を行うことがサービス向上に繋がると思います。ビジネスマナーは学生の時とのマナーとは違い、話し方はもちろん、エレベーターの乗り方や郵送時の切手の貼り方など、なにひとつとってもマナーがあります。エレベーターの乗り方や敬語の使い方など、公共の場で日頃から実践していくと自然に身につくと思いますので、日頃から意識して行動しましょう。

 

次回もご期待ください。