チラシ配布で思うこと

チラシ配布で思うこと

こんにちは。タイコーの南です。

第5回目です。

 

大寒の文字通り首都圏に大雪が降り、大寒波が居座っています。連日最低気温がマイナスという厳しい寒さのなか、風邪やケガに気を付けて今月も元気に作業しましょう。

 

今回は筆者が行っているメイン業務の一つである資料配布について紹介します。日頃の作業や思っていることをお伝えします。

 

資料の配布は主に住民の皆様に対して工事着工前や終了後に行います。具体的には「工事着工のお知らせ」、「工事説明資料」、「事前調査確認アンケート」などの資料があります。マンションの現場窓口は管理人様であるため、資料の配布で一番重要なことは管理人様とのコミュニケーションだと思います。配布前には必ず管理人様に挨拶します。その際に管理人様のお名前や勤務時間、出勤日などをお伺いして、再訪しても必ず管理人様にお会いできるようにしています。

 

資料配布時には、投函方法を工夫しています。A4資料がそのまま横向きで投函可能な場合はそのまま入れますが、小さな集合ポストの場合、A4資料がそのまま入らないこともしばしばあります。その場合A4を半分にし、織り目が付かないように織り目を丸くして投函します。さらに確実に投函したかわかるように、最初は資料を半分出してポストに入れます。配布ミスがないか確認した後、ポストから半分出ている資料を入れていきます。

 

居住者様に工事のことをご理解いただくために、工事のことをいかにわかりやすくお伝えするのが我々の使命です。また、アンケート配布時には、回答を得るために居住者様の協力も必要となります。そのためには管理人様の協力が不可欠です。すべてはお客様にわかりやすくお伝えするために、毎日業務を進めています。

 

次回もよろしくお願いします。