のらくろと元祖カレーパン



のらくろと元祖カレーパン

こんにちは。タイコーの南です。

 

新型コロナウイルスの感染拡大がおさまらないということで、先に適用している大阪府や兵庫県、宮城県に続き、412日から東京23区・6市および京都府、沖縄県に、同月20日から神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県に「まん延防止等重点措置」が適用になりました。飲食店は営業の時短要請をされているので、緊急事態宣言と同じく厳しい状況が続きます。不要不急の外出を控え、うがい・手洗い、マスクの着用、手指の消毒など、基本的な予防対策を徹底して、コロナが早く収束するよう願うばかりです。

 

さて今回は、東京都江東区森下の物件に給水管更生工事の事前調査アンケートの回収に行きました。今回の施工は共用部と専有部を行うので、施工が広範囲になります。アンケート締め切り後に居住者様がアンケートを提出された場合、弊社の方に電話もしくはFAXを入れていただくよう管理員様にお願いをします。管理員様にご協力いただき、いつも感謝しております。

 

駅から徒歩3秒という駅前にある、アクセスには非常に便利な物件です。近くの大通り沿いには元祖カレーパンが購入できるパン屋もあります。お客さんがひっきりなしに出入りして、有名店ということがわかります。

 

また、この地域の有名人は『のらくろ』を描いた田河水泡(たがわすいほう・18991989年)という漫画家です。

彼は幼少期から青年期までを江東区で過ごしました。

田河水泡は早くから両親を失いさみしい幼少期を過ごしましたが、自分の人生経験を一匹の野良犬を通して多くの人に伝えました。彼は日本における子ども漫画の先駆者的な存在となり、漫画の巨匠・手塚治虫も影響を受けました。

 

森下文化センターという地域の公民館では、田河水泡の人生がわかる「のらくろ館」という名称で常設展示を行っており、無料で楽しむことができます。

 

目の前の通りは「のらくろーど」という商店街があり、多くの店舗でのらくろグッズを購入することができます。

 

 

近くには松尾芭蕉の「芭蕉記念館」もあり、森下には魅力溢れるところがたくさんあります。

ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

       芭蕉記念館の案内標識