強アルカリイオン電解水

強アルカリイオン電解水

強アルカリイオン電解水

☆その他商品もご覧頂けます。☆

強アルカリイオン電解水は、業務用としてプロも愛用する洗浄除菌水で、水(中性)を電気分解してアルカリ性にしたものです。
よって薬剤や洗浄成分が残らず安心して使用できます。
汚れや菌・ウィルスなどを分解したら中性に戻りただの水(分解した汚れ等が混ざった状態)になります。
アルコール耐性のあるウィルスにも効果を発揮するものではございませんが、環境にも人にも優しい画期的な成分です。
用途に合わせて希釈してください。(2倍~50倍)

 

 

日々の洗浄や臭い対策を強アルカリイオン電解水で行うことにより、

お掃除の負担も軽減できます。

除菌と洗浄を2度拭きなしで安全に行えます。溶剤を含まないので安心して

幅広くお使いいただけます。

効果的に汚れを除去し除菌、消臭効果も発揮します。

水99.9%の強アルカリイオン電化水は、食品を扱うキッチンで安心してお使いいただけます。

レジオネラ菌への除菌効果も実証済み


除菌

spacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespace

 

アルカリイオン電解水って何?

水は電気を流すと酸性とアルカリ性に分かれる性質があります。この性質を利用し、アルカリ性の水を取り出
    したものがアルカリ電解水です。

pHって何?

  pH6未満:酸性 pH6~8:中性 pH8以上:アルカリ性
     pHが大きい成分を使用すると、洗浄力は強くなります。

Q アルカリイオン電解水って安全?

界面活性剤入りの中性洗剤を使用すると、成分が残ったままでは体に害を与える場合もあります。
    しかし、アルカリイオン電解水の場合は、もともと100%お水からつくられたものなので、汚れ落としに使用
    したアルカリイオン電解水は汚れを含んだただの水に戻ります。
    小さなお子様やペットがいるご家庭、食べ物を扱う場所の掃除に最適といえます。
    湿った状態ではアルカリ成分が残留している為、触れると肌荒れの原因になりますが、乾くとなにも残らない
    ので安心且つ安全にご使用いただけます。

Q 重曹やセスキソーダとは違うの?

重曹・セスキ炭酸ソーダは、環境にやさしく人にもやさしいで有名な洗浄剤です。
    どちらも水に溶いてスプレーして掃除に活用している方も多いかと思いますが、
    アルカリ性pHの値が違います。
    重曹 :pH8
    セスキ:pH9
    アルカリ電解水:pH12以上
  除菌で活躍するのはpH12以上からなので、除菌も可能で汚れをも落とすアルカリイオン電解水は断然
    別格といえます。

Q アルカリイオン電解水を使用できるのはどういうところ?

お子様のおもちゃ テーブルやイス 床や壁 タバコのヤニ 油汚れのひどい箇所

Q アルカリイオン電解水を使用できないところは?

ガラス製品や液晶画面 水に濡れると困るもの 漆器 皮革類 貴金属製品 シルク製 ニス塗装面 メガネ
    自動車の塗装面 宝石
    ※ただしpH11以下の場合はガラス面にも使用可能になります。

Q アルカリイオン電解水の使用期限は?

保存状態により変動する為、具体的な期限は設けておりませんが開封後は、早めに使い切って下さい。
    直射日光直下にさらしたまま放置したり高温の場所で保管すると成分の中性化が進み、アルカリイオン電解水
    としての効能を発揮しなくなる恐れがあります。
    直射日光を避け、常温にて保存して下さい。
    また、希釈したものは、pHが下がりやすいのでお早めにご使用下さい。

Q 「混ぜるな危険」という表示はないけれど大丈夫?

例えばトイレの洗剤のように他の薬剤と混ぜると人体に有害な塩素ガスを発生させるというようなことはござ
    いませんので混ぜても問題ありません。

Q カビには効き目がある?

汚れをイオンの力で落とす為高い除菌効果もあり、表面的なカビ落としは可能ですが、根の張ったカビには
    効果はございません。
  根の張ったカビには別の薬品等でご対応下さい。

Q 洗濯や食器洗いにも使用できる?

油汚れや皮脂汚れに効果的なので不可能ではございませんが、専用の洗剤をご使用いただく方が低コストに
    すむことも考えられます。

Q 希釈の目安は?

約50倍に希釈して使用・・・野菜や果物のワックス落とし、窓などのガラス製品など
    原液1:水49=原液5㎖:水245㎖=希釈300㎖完成

    約12倍に希釈して使用・・・電化製品、テーブル、床、洗面台、ドアノブなど
    原液1:水11=原液50㎖:水550㎖=希釈600㎖完成

    約6倍に希釈して使用・・・レンジ、オーブン、換気扇、調理器具、食器類など
    原液1:水5=原液50㎖:水250㎖=希釈300㎖完成

  約2倍希釈または原液使用・・・油汚れが特にひどい箇所、タバコのヤニなど
  原液1:水1=原液150㎖:水150㎖=希釈300㎖完成

 

 

 

 

 

製造元

電解水,Gmist
Copyright(C)2020タイコーTR株式会社