洗面所の鏡をピカピカにする方法

洗面所の鏡をピカピカにする方法

鏡は定期的な掃除が必要です。汚れを放置していると鏡が腐食し黒い シミができてしまう事もあります。
皆様は鏡が湿気に弱いことをご存知でしたでしょうか。洗面所や風呂場に設置されている事が多いのに湿気に弱いなんて意外と思われる方が多いかと思います。
鏡には反射膜として銀メッキ膜が使われているため、使用するにつれて空気中の水分や化学物質と反応し、銀の酸化・腐食が起こってしまいます。
この現象は主に鏡のフチに黒いシミ状になって現れ、鏡の構造上避けることが難しいです。しかし、日常的に鏡の掃除を行うことにより、シミの発生を遅らせることが可能です。

鏡についた「手垢」や「化粧品」などの油の汚れは酸性の汚れです。そのためアルカリ性の重曹やアルカリイオン電解水を使うのがおススメです。重曹を溶かした水またはアルカリイオン電解水をキッチンペーパーなどに含ませ、さっと拭きます。湿気が気になる方はその後もう一度からぶきをすると良いでしょう。基本的にアルカリイオン電解水は水から作られたものなので二度拭きは特に不要です。

洗面所や風呂場の鏡についた水垢汚れは水道水に含まれるカルキが付着したものです。これらの汚れはアルカリ性なので、酸性のクエン酸で退治するのがおススメです。

まずクエン酸水を汚れの気になる部分に吹き付けます。(お酢でも代用可能です。)

その後、上からラップでパックをし、半日ほどおき、水洗い・水拭きしてよく乾かすという手順を追います。

この際クエン酸が残らないようにしましょう。クエン酸が残留するとかえって腐食の原因になります。ただし曇り止め加工された鏡はこのクエン酸掃除方法は向きません。

 

 

クエン酸 鏡掃除

新聞紙も有効的です。新聞紙の油分がガラス面に膜を張る効果が期待できます。不要な新聞紙を丸めて拭くだけでOKです。

浴室暖房乾燥機の設置してあるご家庭は、「換気」より「乾燥」を使って湿気が残らないようにするのがおすすめです。

「換気」は空気を入れ替えるだけですが、「乾燥」運転は換気をしつつ温風によって水分を払うので、浴室全体をより確実に、より早く乾燥させることができるのでオススメです。カビやぬめりの発生を抑えることができるので、お風呂掃除の手間をより軽減します。

浴室乾燥をかけてお掃除の効果も最大限に発揮させて、鏡をきれいに保ちましょう。

 

排水管 CSC

☝お問い合わせはコチラ☝

タイコー除菌抗菌プロジェクト

タイコーは抗菌除菌に徹底的にこだわっています!詳しくはバナーをクリック!

アルカリイオン電解水 ウィルス対策 除菌

ウィルス除菌にも家中のお掃除にも使えるマルチエコクリーナーのご購入はコチラ