洗濯機の蛇口付近から水漏れした時の原因とお家で出来る対処法

洗濯機の蛇口付近から水漏れした時の原因とお家で出来る対処法

洗濯機を設置して使おうとしたタイミングや、昨日までは問題なく使えていたのに急な水漏れ発生等、トラブル自体は予期せぬタイミングにやってきます。水漏れが床下に浸水した場合、しっかり乾燥させることは困難です。乾燥させずに放置するとカビが生えてしまったり、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる人は下の階に影響してしまい、トラブルになる可能性もあります。今回は洗濯機蛇口付近の水漏れ原因と対策をご紹介いたします。

洗濯機の水漏れはどういった原因で発生するかというと、実は洗濯機本体よりも洗濯機周りの部品や蛇口が問題というケースが多くみられます。

まずは、ナットが緩んでいないか確認してみてください。もちろん、何かの劣化が原因で緩むこともあるのですが、案外ナットを強く締めてみたら水漏れが止まる場合もあります。

洗濯機の水漏れでとくに多いケースを揚げていきます。

 

ニップル継手は洗濯機を設置するとき以外触ることはないと思いますが、ニップル継手は金属であるため、長く使うにつれてどんどん経年劣化していくのです。
ホースの中に汚れが溜まってしまったり、ホースの劣化によって裂傷や穴が開くと、給水ホース自体から水漏れすることもあります。
水栓を開けっ放しでご使用を続けると、水栓パッキンの劣化、金属部の錆の発生を早めます。サビによる膨張でホースとの接続口径が変わってしまい水漏れの原因となります。

水漏れが起きてしまった際にはこれ以上発生させないために、水道の元栓をしめましょう。水道の元栓の場所はさまざまですが、水道局さんの検針時にチェックする場所にだいたいあります。アパートやマンションの場合は、玄関から一度外に出て家のドアの横にあることもあります。

上記で挙げたことが原因で水漏れが発生した場合、劣化した部品を自分で交換する事も可能です。あらかじめホームセンターや家電量販店の洗濯機売り場などで新しい交換部品を購入しておく事をも緊急事態の際に慌てずに対処できるのでお勧め致します。給水ホースやニップル継手の接続部分のパッキンが劣化している場合はパッキンを交換してみましょう。

 

■パッキンの交換方法

1.蛇口をしめる

2.蛇口側の給水ホースを取り外す(ホース内の水がこぼれないように注意しましょう)

3.ナット、ホースのつながっている部分を外す

4.内部にある劣化したパッキンを取り外す

5.新しいパッキンを取り付ける

6.ナットとホースを取り付ける

  1. 蛇口側の給水ホースを取り付ける

パッキンを交換した後、水を出したときに水漏れしないかの確認もしっかりおこないましょう。

給水ホースや劣化が原因の場合は給水ホースを交換しましょう。

 

劣化したパッキンとニップル継手

■給水ホースの交換方法

1.蛇口をしめる

2.蛇口側の劣化している給水ホースを取り外す(ホース内の水がこぼれないように注意しましょう)

3.洗濯機側の劣化している給水ホースを取り外す(このときもホース内の水がこぼれないように注意しましょう)

4.新しい給水ホースを蛇口側に取り付ける

5.新しい給水ホースを洗濯機側に取り付ける

蛇口のサビが原因の場合は蛇口を交換します。

 

■蛇口の交換方法

1.蛇口をしめる

2.蛇口からニップル継手を取り外す(水がこぼれないように注意しましょう)

3.壁側の蛇口の根元を回して劣化した蛇口を取り外す

4.蛇口の接続元(壁側)である配管の口にたまった汚れを歯ブラシなどで掃除します

5.新しい蛇口を取り付ける

6.新しい蛇口にニップル継手を取り付ける

劣化した蛇口を取り外した際に、壁側に配管の口が見えると思いますが、そこにたまっている汚れが残っていると水漏れの原因となりますので、しっかりと掃除しましょう。

 

水漏れの予防方法を実施することで洗濯機への負荷を下げるため、結果的に洗濯機の寿命を延ばすことができます。上記以外にも方法はあります。予め自動止水機能が付いたニップル継手に交換することで、万が一給水ホースが外れたときにも自動的に水を止めることができます。

また、洗濯機使用時以外は必ず蛇口をしめておくと確実です。閉めていれば水が漏れる心配はありません。

洗濯機を新しく購入したばかりでも、洗濯機を使っていないときに蛇口が開きっぱなしだと洗濯機に水圧がかかり確実に負荷をかけてしまっているので漏水を防ぐ為のパーツの劣化はもちろん早まります。よって、面倒かもしれませんが洗濯機使用後は意識的に蛇口を閉めるという日々の癖付けが重要な対策でもあるということでしょう。

そして定期的に洗濯機本体や洗濯機周りをチェック・メンテナンスして、パーツの劣化や損傷を早期発見しましょう。とくにニップル継手や給水ホースなどは消耗品です。いつ破損するかわかりません。そのため定期的に変形やヒビ割れなどしていないかを確認することが大切です。上記に挙げたように部品の交換で済む場合は自分でおこなうことができます。洗濯機本体の修理となるとやはりそれなりの費用がかかってしまいます。修理を依頼する前に自分で対処できれば費用は抑えられるのですが、もし部品の交換で水漏れが直らない場合や、自分で交換することが難しいと感じた場合は無理せずに業者へ依頼するようにしましょう。

 

※注意 洗濯機の本体から水漏れした場合は・・・

洗濯機の保証書に書かれているお客様サポート窓口に電話するといいでしょう。本体の修理は、お持ちの洗濯機メーカーさん、または家電修理をしている業者さんにお任せしてください。