使い終わった油の簡単な捨て方

使い終わった油の簡単な捨て方

揚げ物やてんぷらなどに使った使用済みの油は、例え少量でもそのままキッチンの排水溝に流すのは避けてください。環境に影響を与えるだけではなく、油に汚れが蓄積してゆき、排水溝が詰まる原因になります。

使用済みの油は、市販の凝固剤を使って固めてから捨てるのがおすすめです。排管の詰まり防止や劣化を遅らせる為にも日々の適切な処理を心がける様にしましょう。

 

・市販凝固剤を使用する
油を固める方法の中で最も一般的なのは、市販されている凝固剤を使って固める方法です。市販の凝固剤は油を固めるために専用に作られていますが、温度が低いと凝固剤が溶けきらないのでうまく固めることができません。調理後の油が温かいうちに投入しましょう。
凝固剤のかわりに片栗粉や小麦粉、パン粉に油を吸わせて袋に入れて捨てる事も可能です。フライパンを洗うのが大変という点がありますが応急処置としては覚えておくと便利です。

・古紙等に油を染み込ませ処分する
スーパーのレジ袋などのビニール袋に新聞紙やキッチンペーパーを入れ、冷ました油を染み込ませて捨てるという方法もあります。
自然発火を防ぐため、水も染み込ませ、最後にビニール袋の口を輪ゴムやガムテープで密閉して廃棄します。

 

このように、ちょっとした油も流さないようにするのが重要です。
今までは流してしまっていたフライパンの油もキッチンペーパーを使用して拭き取ると流れる油の量は格段に減ります。
焦げ付きも油を吸っているので、その焦げ付きもスプーン等で取って捨てて下さい。
フライパンの油を吸収する時に、キッチンペーパーはもったいないという方は廃棄予定だった新聞紙を代用して油を吸収させても良いでしょう。
油の適切な処理方法を心がけることで環境にも排管にもやさしくなれるのでぜひ試してみてください。
また、自治体で決められた捨て方を確認してみる必要もあります。
定期的に回収してくれる地域もあり、「回収ボックスに入れる」「ペットボトルなどに入れて回収拠点に置く」など、各自治体によってルールが異なりますが、地域の広報誌や役所のホームページ等でチェックしてみるのもお勧めです。