マンションで漏水が起こる原因とは?

マンションで漏水が起こる原因とは?

マンションで挙げられるトラブルの中に漏水問題があります。階下への漏水となると自分だけの問題ではなく、他の住人とのトラブルに発展するため、万全な対策をとりたいところですが、漏水はそもそも何故起きてしまうのか、また、どう対処したらよいのかをこちらで紹介していきます。

戸建ての場合、水回りは1階に集中しています。戸建ては自分たちしか居住者はおらず、水漏れ事故が起きても自責において処理して終わります。しかし、マンションは集合住宅なので水漏れの規模によっては階下にまで被害が及び、被害額も多額になるケースもあります。

 

漏水 

入居者の過失(配管や共用部設備の使用方法が原因)

建物の設備不良(配管の故障や老朽化などで起きる原因)

 

どちらの原因で起きた水漏れ事故かにより、その後の対処方法が変わります。水漏れが起きてしまったらどのように対処したらよいか、どんな原因があるのかをご紹介します。

 

入居者の過失

排水管 漏水

「入居者の不注意」とは、たとえば、洗濯機のホースが配水管から外れて水が溢れてしまったり、ベランダの排水口に大量の水を流したりしても漏水の原因になります。玄関やトイレなどが防水処理されているか確認しましょう。防水処理されていない場合、大量の水を使用して掃除をすると漏水してしまう恐れがあります。その他にもトイレにトイレットペーパー以外のものを流したり、台所のシンクに大量の油を流しても、配管が詰まって水漏れする可能性があります。これらは居住者の使用法が原因となる為日頃から注意が必要です。

 

建物の設備不良

建物自体の老朽化や故障などにより、水漏れしてしまうケースもあります。排水管の老朽化によるひび割れや接続不良が起きると、そこから漏水します。外壁に生じたわずかなひび割れから、雨水が侵入して雨漏りを引き起こすこともあります。配管などにトラブルが生じていても、壁の中に隠れている部分の水漏れの箇所や状態を確認することは難しいでしょう。水漏れしている場所によっては、すぐに補修作業が行えず被害が広がってしまうおそれもあります。これらの漏水のケースは必ずしも老朽化した物件でばかり起きるとは限りません。

 

築浅の物件でも、建築時の接続不良というケースもあります。定期メンテナンスとして配管を高圧洗浄する際に用いるホースが排水管の曲がった部分(エルボー部)と擦れることで、エルボー部が削られ配管が破損し水が漏れてくるという場合もあります。漏水の症状を発見したらすぐに管理会社などへ連絡をして適切な対処をして下さい。

 

 

被害者になった場合(上階からの漏水だった場合)

上階からの漏水で被害を受けたことが判明した場合には、上階居住者に被害の賠償を求めることができます。上階の居住者が何らかの損害保険に加入している可能性もあるので、まずは保険で解決する方法をみつけましょう。保険が適用されない場合には、直接、上階の居住者に被害額の補償を請求することになります。また、上階の居住者の過失ではなく、配管の劣化等が原因であったとしても上階の居住者に入室調査の協力を依頼しなくてはならない場合が多く、上階居住者が対応を拒否した場合は取り合ってもらう事が難しくなる為、冷静な判断が必要です。管理組合などはこのようなケースに慣れている事が多いので、間に入ってもらうのが一番無難です。一人で悩んだり焦ったりせず、落ち着いて管理会社や大家さんへ連絡をしてみてください。夜間で連絡がつかない場合や、連絡がつく時間まで待てそうであればその時間まで待って管理者へ連絡をします。ただし緊急に対処を望む場合は水道業者へ自ら連絡をすることになります。その場合も漏水調査内容や業者と決めた内容を改めて管理者へ連絡しましょう。

 

 

加害者になった場合(下階へ漏水させてしまった場合)

先ずは水の元栓を閉めましょう。元栓を閉めると、家中の水を止めることができるので漏水箇所が不明な場合はすぐに元栓を閉めましょう。

元栓は多くのマンションで玄関横の電気メーターや給湯器が入っている扉の中にあります。そして大家さんや管理会社へ連絡をし、指示を仰ぎます。大家さんや管理会社に連絡をしても、夜間で連絡がつかない場合や、自分で対処するように言われることもあります。その際は水道業者と直接連絡をとります。水道の近くに貼ってあるシールに水道業者の連絡先が書かれていることが多いですが、契約時の資料を確認してみてください。水道業者に連絡をしたら、漏水による漏電が少々あるかもしれないので電気会社にも連絡をします。

後日、保険会社への申請や管理会社への請求の際に必要になることもありますので、漏水修理後には、故障した原因が証明できるような証拠書類はとっておいてください。

 

漏水は居住者の過失なのか建物の経年劣化によるものなのかで責任を負う人が変わります。損害額は数千円~数百万円等、ケースによって様々なので、もしもの時の為に、保険に加入しておく方が安心です。

漏水 排管つまり

☝お問い合わせはコチラ☝

タイコー除菌抗菌プロジェクト

タイコーは抗菌除菌に徹底的にこだわっています!詳しくはバナーをクリック!

電解水 ウィルス対策 除菌

ウィルス除菌にも家中のお掃除にも使えるマルチエコクリーナーのご購入はコチラ