シンク下が水漏れした時の原因とお家で出来る対処法

シンク下が水漏れした時の原因とお家で出来る対処法

キッチンのシンク下から水漏れしてしまって床が水浸しになってしまい、困った方はたくさんおられるのではないでしょうか。シンク下は戸棚になっている作りばかりなので、色んな物をそこへ収納している人も多いでしょう。また、キッチン床の水漏れから発生する二次災害も予想されます。

水漏れを放置しておくともちろん水道代は高騰します。

シンク下は湿気が多くなり、戸棚全体がカビになります。

また、害虫の住処に適した環境になります。

害虫の住処になってしまったりカビ繁殖や腐食が進行してしまってからでは排水管や蛇口など一部の修理では済まなくなります。

マンション等2階以上での水漏れは、天井から階下へ水漏れすることもあり、建物の経年劣化なのか借主の過失なのかという状況にもよりますが、借主の過失となれば修繕費や賠償責任も発生します。このように様々なリスクが予想されるシンク下の水漏れ、早期対処で被害を最小限に抑えましょう。

シンク下水漏れの主な原因 と対処法

排水口のパッキンが劣化 パッキンはゴム製品で、経年劣化します。ゴム中の水分が失われ、弾力を失って切れてしまうのですが、これと同じことが配管のパッキンでも起こります。パッキンの劣化は免れないので、外してみたパッキンを持参して同じサイズのものをホームセンターで探してみるとよいでしょう。

排水溝・排水管の接続部分の緩み 接続部の経年による緩みも水漏れの原因のひとつです。配管部材は樹脂でできているため、温度変化や乾燥でわずかに伸縮します。慌てずに、緩んでいる部分を締め直してみましょう。

排水管・排水ホースに穴や亀裂がある 排水管やホース、給水・給湯管、シンクなどの「破損」で、これらの部材に何らかの原因で穴が開いてしまうと、小さな穴であっても少しずつ水漏れが起こります。

破損で最も多い箇所が「排水ホース」です。

蛇腹の配管に多いケースで、シンク下の調理器具が当たってしまったり、収納の際、ホースに触れている事に気づかず押し込む様に収納してしまい、蛇腹の部分に切れ目が入ることがあります。この時は補修パテやビニールテープ、または排水管やホース自体を新品に取り替えることで修理できます。ホームセンターで材料を入手して補修を試みてみることも可能です。

キッチンの排水管につまりがある 排水管が詰まることで、排水が逆流するというケースもあります。これは、漏れてくる水が「排水が逆流した水」となるため、パッキンが破損した場合の水漏れとは、水の色やニオイが明らかに違います。漏れてきた水にニオイがあったり、色がついている場合は、配管の掃除をして詰まりを解消する必要があるでしょう。

給水管・止水栓・給湯管からの水漏れ キッチンの蛇口に繋がれた給水管、もしくは止水栓、またはお湯を供給する給湯管から漏れているパターンもあります。その場に止水栓があれば一度水の流れを止めましょう。止水栓からの水漏れであれば水道の元栓を止めましょう。

シンクとキッチンの天板に隙間があり、そこから水漏れ シンクとキッチンの天板に隙間がある、またはシンクと壁との間に隙間がありませんか?コーキングなど建て付け時に使用するシーリング材が劣化して剥がれ、そこに隙間ができることで洗い物などの水が垂れることがあります。劣化や老朽化が起因しているので、新たに補修する必要があります。

シンク自体に穴が開くなど破損が見られる 流し台やシンク自体に穴が開いている場合も、新たに補修する必要があります。ホームセンターなどで売っている補修材で間に合うこともありますのでホームセンターで相談して適切な材料を購入してきて補修を試みてもよいでしょう。

排水管の付け根から水が逆流している 床に設置された排水管の付け根から逆流している場合、もしかしたら排水管に詰まりが起こっている可能性があります。もし排水管が外せるなら外して綺麗に洗浄しましょう。外せない時は流し台の上からパイプクリーナーや重曹を使って詰まりを解消します。それでも詰まりが解消しない場合は早めに専門業者に相談しましょう。

蛇口や水栓の水漏れが隙間から伝っている シンク下に異常がないのに水漏れしている際は、蛇口や水栓の水漏れが伝っている可能性があります。蛇口のパッキンが壊れていたり水栓の故障が考えられるので、修理が必要です。また、シンク下に伝っているということは同時にコーキング部分※などが剥がれている可能性もあるので、その部分の修理も必要になってくる事があります。どうしても原因がわからない時は、とにかく止水栓を締めて水の流れを止めてください。止水栓が見つからないときは、水道の元栓を締めます。先述のように、キッチンの水漏れ、特に流し台下からの場合は放っておくとより大きな修繕が必要になってきます。 ※コーキング部分 とは隙間やひびなどに柔軟性のある材質を注入して固着させることでしっかりと空間を埋める作業が為された部分。

このように、自力で修繕できる場合もありますが、10年以上経過した(老朽化の)水漏れなら、そろそろ寿命という事かもしれません。

修理の得意な方なら部品の交換でコストを抑えて改善する事も可能ですが、経年劣化の場合、目に見える漏水の原因の他にも複数箇所にわたり目視できない部分にも漏水原因の潜在的な問題が潜んでいたりするので、細かい追及や再発を防ぐ事は困難です。

せっかく低コストに改善したとしてもすぐまた問題が発生してしまう事も多々ありますので、困ったら先ずはすぐに適切な調査や対処を業者へ依頼する様にお勧め致します。

お問い合わせはコチラ