キッチン水回り悪臭の原因とお家で出来る対処法

キッチン水回り悪臭の原因とお家で出来る対処法

ご家庭で、臭いが気になる箇所と言えば「キッチン」と答える方が多いかもしれません。

今回は、厄介なニオイの巣窟であるキッチンの悪臭の原因とお家で出来る対処法をご紹介いたします。

キッチンの嫌なニオイは主に生ごみ(三角コーナー)と排水溝から発生します。

よくある原因のひとつとして、三角コーナーや排水溝にゴミが付着していることが挙げられます。キッチンの排水溝は食べカスや洗剤のカス、油の成分などさまざまなものが流れます。それらが付着してどんどん堆積し、悪臭の元となるのです。

対策として三角コーナーにコーヒーの粉を入れておくというのも一定の消臭効果があります。しかし効果の持続期間はきっちりわかるものではなく、いつまでもコーヒー粕を放置してしまい、結果ただ粕を置いているだけになってしまった・・・というケースにもなりがちです。

一番良い方法は生ごみを溜め込まずにこまめに処分することです。

水回りの汚れを放置してしまうとコバエなどの害虫が発生してしまいます。高層マンションなどで地上から離れていると無関係に感じますが、
高層マンションであっても、野菜や果物を購入した際に卵が付着しており家の中での発生源になることもあります。
水回りの汚れが堆積していると、この汚れに害虫がさらに卵を産んでしまい、部屋に害虫が定着してしまう原因となってしまいます。
害虫の発生は衛生上よくないため、排水設備はこまめに手入れして水回りを清潔に保ちましょう!

また、排水溝の汚れは掃除がしにくい場所なので長く放置してしまいがちになりますが、嫌なニオイが発生しやすい上に、どんどん汚れは落ちにくくなっていきます。

こまめに掃除をすると排水溝の汚れを落とすのは簡単です。

重曹とクエン酸が水に溶けると発泡し、ヌメリや汚れを剥がれ落ちやすくします。

排水溝に重曹とクエン酸を振りかけてしばらく置き、水で洗い流すという方法があります。重曹を振りかけると二酸化炭素が発生して汚れや水アカを浮かせやすくなり、クエン酸には抗菌と消臭の効果があります。定期的に重曹とクエン酸を排水溝に振りかけるようにすると、嫌なニオイを抑えることができます。

また、排水溝などの掃除はなるべく手を汚したくないものです。

ホームセンターやドラッグストア等で市販されている薬品を使用するのもよいでしょう。手軽に錠剤を放り込む、または液剤を流し込んで時間を置くとあとは水で流すだけで汚れを分解してくれる薬品が市販されています。薬品を使用すると少々溜め込んだ汚れもお手軽に掃除することも可能です。しかし、頻繁に強い薬品で排管の掃除をすると、排管を痛める原因になってしまいますので、薬品の使用はほどほどにして、日頃から水回りの掃除はこまめにするよう心がける事が大切です。